敬語について

スポンサードリンク
英会話独学術:お金をかけない英語の勉強方法トップ




☆敬語について

英語には、堅苦しいフォーマルな言葉使い、くだけた感じのインフォーマルな言葉使いまで、細かく分ければ6段階の言葉使いがあると言います。

例えば友達同士で話す
How's it goin' man?
のような言葉使いと、
May I help you?
のような、お客様に対する言葉使いは変えなければいけません。




ただし、日本語と決定的に違うのは、
日本語は、目上の人に対して「ですます体」を使うという、いわゆる「敬語とタメ口」の区別をしなければいけないというルールがありますが、英語では、学年が上の人や上司に対して使う「敬語とタメ口」の使い分けというルールがないということです。





この違いはどこから出ているかというと、年功序列を重んじる日本の社会に対して、
英語圏の人たちは、全員が平等という考え方であることから来ています。

よって、英語の場合では、同年代の人に対して、多少丁寧な言葉を使っても、目上の人に対して多少くだけた感じの言葉を使っても、不自然ではないとうことです。




言語と、その言語を使っている人達の文化や考え方というのは、深く関係しています。外国語を学ぶ場合は、その文化や歴史的背景なども一緒に勉強することが、良い勉強方法だと言われています。



欧米女性との超最速恋愛法Vol.1およびVol.2(合計203ページ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。