ワーキングホリデー

スポンサードリンク
英会話独学術:お金をかけない英語の勉強方法トップ

☆ ワーキングホリデー(通称ワーホリ)とは?

本気で英語を学びたいなら、留学が一番ですが、一番の心配ごとはお金です。

しかし、もしあなたが、18歳〜30歳なら、「ワーキングホリデービザ」を取れば、それほどお金の心配をしないで英語を勉強できます。
私も最初は、ワーキングホリデービザで、某英語圏の国に来たのです。

☆ ワーキングホリデービザとは?

外国人は、通常国の許可なく働くことができませんが、ワーキングホリデービザを取得すれば、1年間働くことができます。
英語圏で、働いて生活費を稼ぎながら、英語を勉強できるというわけです。


☆ 日本人がワーキングホリデービザを取れる英語圏の国は?

オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリスがあります。
特に日本人にはオーストラリアとカナダが人気があります。


☆ ワーキングホリデーで真面目に勉強できるのか?

できます!
例えば、カナダのバンクーバー等は日本人に人気があるので、日本人が多いから英語の勉強にならないのでは?という疑問がありますが、全くその心配はありません。

たしかに、英語の勉強が第一の目的というわけではない人たちは、やはり言葉の通じる日本人と一緒にいることが多いでしょう。

しかし、日本人が多い都市といっても、結局ほとんどは英語話者。テレビも何も全て英語なのです。日本人の集まる場所に行かなければ良いだけの話です。

☆ 無料のエージェント

有料で、ホームステイ先から学校から色々と手配してくれる便利なエージェントもありますが、お金を節約することを第一に考えるなら、有料の所に申し込む必要は必ずしもないでしょう。私も有料のものには申し込みませんでした。

というのも、無料でアドバイスしてくれる所は、日本にも現地にもたくさんあるからです。是非そういう所をどんどん活用して下さい。


以下は、無料で資料をもらえる所なので、もらえるものはどんどんもらっておきましょう(笑)

⇒ ● 海外留学のことなら【旅工房ステージ】


オーストラリア、カナダ、イギリス、ニュージーランド等の情報がもらえるので、無料の資料だけでももらっておきましょう。


⇒ ● アイエス留学ネットワーク

オーストラリア留学を現地から支援。無料で留学相談や入学手続を代行。



オーストラリアに興味のある方は、こちらで無料のカウンセリングが受けられます。私もこういうのを活用しました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。